nend

生活

Bluetoothのマウスは神だった!

更新日:

僕は4万円で買ったエイサーのノートパソコンを大事に使っています。

でも、最近、そのノートパソコンに異変が起こりました。


USB外付けマウスが使えない

ノートパソコンが痛むので、外付けのUSBのマウスを使っていたのですが、最近、USBのマウスを使って作業をしていると半日ほどたったら、マウスがうごかないようになりました。

ノートパソコンには、USBポートが3つ付いているのですが、そのひとつがおかしいみたいです。

USBのマウス自体は、マイクロソフト製の製品でまだしっかり動いています。

他のUSBポートに接続すると使えるので、やはり、パソコンのUSBの故障かも知れないと思ったので、自分で修理しようと思いました。

まずは、デバイスマネージャーを開いて、USBポートのドライバーを更新しました。

そして、パソコンのスタート時の「高速スタートアップ」のチェックを外しました。

また、BIOSを起動して初期化しました。

異常の3点をしたのですが、同じ症状が続きました。

これは、ハードディスクに外部からUSBの動作を阻害するプログラムを埋め込まれたのではないかと思いましたが、ハードディスクを初期化しようと思ったら2日くらいかかる大仕事になるのであきらめて、他の方法を考えました。

そして、考えたのがBluetoothのマウスを使う事でした。


Bluetoothのマウスの種類

BluetoothのマウスをAmazonで調べていると、大きく分けて3つの種類がありました。


マウス特徴
充電式の光るマウス充電がすぐなくなる
充電式の光らないマウス充電が2から4週間もつ
単四電池のマウス電池が1年くらいもつ

上の表のように分けられましたが、僕は、電池の交換は面倒くさいので、充電が長くもつ、「充電式の光らないマウス」を購入する事にしたのです。


Amazonで注文したら、次の日に届けてくれました。本当に、Amazonは早いですよね。



Bluetoothのマウスを使ってみる



僕が使っているノートパソコンはWindows10なんで、パソコンの設定からBluetoothの画面を開いて、Bluetoothの接続を許可するにチェックをいれました。

そして、マウスの底にある接続ボタンを5秒間押し続けるとパソコンがマウスを認識してマウスが使えるようになりました。

このマウスは3種類の「DPI」が設定できるので本当に良いです。

DPIとは、マウスを1インチ動かしたときに、マウスのポインターがどれだけ動くかと言う指標の事です。

実際に使って見ると、USB外付けマウスの時は、コードがあったのでその分使いづらい時もありましたが、Bluetoothのマウスはコードがないので本当に使いやすいです。

また、ノートパソコンを部屋の中で移動した時も、マウスの移動が楽です。

少しの充電で、最大、4週間も使えるのも魅力的です。






-生活

Copyright© teranoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.