nend

生活

新しい靴で靴ズレができた

更新日:

失業中に隣の町まで徒歩で片道1時間かけて散歩していたのですが、靴の底を見たら、もうすり減って靴がいつ壊れてもおかしくない状態だったので、

新しい靴をAmazonで買う事にしました。
買った靴は、以前の靴と同じダンロップのもので、サイズも26.0を選びました。



靴のサイズがあっていないのか?

何度か、いつものように新しい靴を履いて、隣町まで散歩したんですが、左足の小指の部分が靴にあたって痛くなってきました。

はじめは、バンドエイドを貼ってしのいでいたのですが、それも効かずにだんだんと痛みがひどくなってきたので、靴の前の部分を広げてもらおうと思って

いつも行く、イオンモールの靴屋さんにそのことを話して相談してみたのです。

そしたら、靴屋さんの店員の女性の方が、靴のスプレッドは革靴ならば効果が上がるけども、スポーツシューズならば効果がないかも知れないと言ってくれました。

料金も2000円位かかるみたいで、この新しい靴は3800円位だったので、なんだか新しい靴が買えるのではないかと思って、その場はそのまま自宅に戻ったのです。



バンドエイドの良いものを買おうか迷った

バンドエイドでも、いろんな種類があって、靴ズレ専用のバンドエイドも今は出ているようです。

楽天市場でそんなバンドエイドを探していたら、それも1000円位するみたいで、高いのであきらめました。


自分で靴先を広げる方法を見つけた

Google検索で何か、靴の先を広げる方法はないものかと探していたら、自分でもできそうな方法を見つけたのです。

それは、分厚い目の靴下を履いて、20分位靴の先をヘアードライヤーで温めると言う方法でした。

ヘアードライヤーは日ごろ使っていないのですが、以前から持っているので、試しにやってみる事にしました。

私は分厚い靴下を持っていないので、まずは左足に2つの靴下を履くことにしたのです。

これで、分厚くなりました。


ヘアードライヤーも長い間使っていなかったので、ほこりまみれになっていましたが、何とか動作できたので、20分間、靴の先を温めてみました。

そうすると、靴の先の部分が柔らかくなって、良い感じになってきたように感じました。



次の日に同じように散歩してみた!

そして、待ちに待った次の日がやってきました。

私は、成果が出ているか心配でしたが、いつもと同じよう1時間かけて隣町まで散歩しても、あんなに痛かった左足の小指がなんともなかったのです。

本当に、Googleで検索して良かったと思っています。

また、新しい靴を買おうと思ったら、4000円近くの出費になるところでした。

靴屋さんにも、2000円支払う必要もなかったし、感謝しています。


まとめ

今回は、ダンロップの靴を買ったのですが、同じメーカーで同じ型番、サイズの靴でも微妙に大きさが異なることが分かりました。

しかし、Amazonで靴を買うのは正解だったと思っています。

送料込みで、3800円のシューズなんてこの辺では売っていないです。

それに、Google先生に聞けば、なんでも教えてもらえるのだなぁと思いました。

-生活

Copyright© teranoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.