nend

生活

炊飯器で炊いたご飯がすぐに硬くなる

更新日:

●炊飯器で炊いたご飯がすぐに硬くなってしまって食べられないようになる。どうしてだろう?


この記事ではこんなお悩みを解決します。



ご飯が硬くなった経緯

今まで炊飯器でご飯を炊いて、10時間くらいはごはんの保存ができていたのに、急にごはんを炊いてから4時間くらいで硬くなる現象がおきました。

ごはんが硬くなると、それを知らずに食べて歯のかぶせ物が取れたりして歯医者通いになるのは嫌なんで、新品を買うか修理をするか悩んだのです。

新品を買うと、1万円くらいはするので、先に修理をする事にしました。インターネットで調べていると、炊飯器の中蓋のパッキンが悪くなると、そこからごはんの水蒸気が漏れてごはんが硬くなると書かれていました。

僕は炊飯器の中蓋をチェックして、ちょっと柔らかくなっているような気がしたので、新しい部品を注文する事にしたのです。

写真のように中蓋は、だいぶん使い込んでいるので、汚れて古くなっています。


炊飯器の中蓋を注文する

この炊飯器は、東芝の2012年製のものなんで、部品があるかどうかわからなかったです。

順番に、Amazon、楽天、メルカリ、ラクマを調べたのですが、なかったです。
唯一、ヤフオクに一つだけ程度の良い中古品が売られていたのです。

送料込みで1500円でした。早速、注文する事にしたのです。


上の写真はヤフオクから買った、中蓋です。汚れもなくてとても程度の良いものでした。

早速、僕の炊飯器に取り付けてごはんを炊いてみました。
すると、10時間くらいはごはんが硬くならないようになりました。


結果

今回の炊飯器の故障は偶然自分で治す事ができたので、本当に良かったです。

新品に1万円を支払う事に比べると、中蓋代金1500円で済みました。
10000円ー1500円=8500円の節約になりました。

失業中の身分なんで、本当に8500円の節約はありがたかったです。

今回は炊飯器の中蓋を交換しただけで、ごはんが硬くなる現象を防ぐ事ができたのですが、炊飯器の温度センサーの故障でも同じような現象が起こるみたいです。

温度センサーが故障すると、保温中の過熱度が上がって、水蒸気が出やすくなってその結果、ごはんが硬くなると言う事でした。

まあ、今回は自分で直ぐに治せたのでラッキーでした。



-生活

Copyright© teranoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.